Моя Принцесса Русская - お姫さまはロシア女性
mppycckaya.exblog.jp

お姫さまはロシア女性 ロシアの彼女との国際恋愛日記
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
お気に入り
072.gifお友達リンク
Aku cinta kamu
チェブラーシカが心の友のマリさんのインドネシア男性との恋愛ブログ

ロシアの浪人
自分の可能性を試しロシア・モスクワへ単身転職、奥様もロシア女性のMasakazuさんのブログ。

RUSSIA 4 EVER!
ロシアLOVE歴10年。ロシアへの愛についてКис-Кисさんが書きます!

ロシアが気になる
ロシアに関する話題や文化芸術あれこれをていねいに書き綴られるitsumohappyさんのブログ。

ロシアに片思い~ゆるぶろぐ
ロシア代表ペアフィギュアスケーター川口悠子さんとサーシャさんを応援するあのんさんのブログ

ロシア モノ・コト図鑑
ロシアに住んでいるriperus22 さんが、かわいいロシアン雑貨、楽しいロシアの人々などなどをご紹介

072.gifお気に入りリンク
ロシア文化フェスティバル
ロシアンぴろしき
ORIGA公式サイトへお姫さまはロシア女性日本の美味しいロシア料理のお店「チェブラーシカ あれれ?」DVD公式サイトへ日本の美しいハリストス正教会
072.gif↓もしよろしかったら
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ
人気blogランキング 国際恋愛・結婚へ
人気blogランキング 国際恋愛・結婚へ
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
スペースバトルシップ・ヤ..
from Моя Принцесса ..
アナトーリ・クラスノフさ..
from Моя Принцесса ..
2010 世界バレー女子..
from Моя Принцесса ..
ローソンで対象お菓子2点..
from Моя Принцесса ..
イリーナ・メジューエワさ..
from Моя Принцесса ..
モスクワ アルバート通り..
from Моя Принцесса ..
「運命の皮肉の続編」(И..
from Моя Принцесса ..
「運命の皮肉」と「続・運..
from Моя Принцесса ..
NHKテレビロシア語講座..
from Моя Принцесса ..
「続・運命の皮肉」(Ир..
from Моя Принцесса ..
「モスクワは涙を信じない..
from Моя Принцесса ..
白チェブ袋をもらった
from Моя Принцесса ..
ナホトカ行ってみようかな
from Моя Принцесса ..
ひさしぶりに富山へ行って..
from Моя Принцесса ..
モスクワのグム百貨店で買..
from Моя Принцесса ..
浅田真央
from 光城小学校
ソユーズ
from 二輪車
ソユーズに搭乗する野口宇..
from Моя Принцесса ..
イリーナ・メジューエワさ..
from Моя Принцесса ..
イリーナ・メジューエワの..
from Моя Принцесса ..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
モスクワ 夜明け前のレチノイ・ヴァクザール駅前の様子 1月4日
a0094770_20361520.jpg
無事にザマスクヴァレーツカヤ線終点のレチノイ・ヴァクザール駅に着いたぼくはエスカレータをあがって改札口を出てみました。

地下鉄内は照明でそれなりに明るかったのですが、外へ出てみると夜明け前のため真っ暗でした。上の写真はレチノイ・ヴァクザール駅の駅舎の上の電光掲示です。
このとき、マイナス17℃だったようです。
a0094770_20362375.jpg
レチノイ・ヴァクザール駅前の様子。まだ右も左もよくわかりませんでした。
a0094770_20363161.jpg
この写真は駅の出口からでて、だいたい正面の方を向いた写真です。間に売店の並びがあって、(たしか)通路が2本ある感じです。この通路は(たぶん)駅の入り口側の真正面です。

またまたケータイの写真のため画質がざらついているのをお詫び申し上げます。しかもあいかわらずちょっとブレてます(汗)。
写真奥にちょこっと写っていますのが、道路上にとまっているロシアのミニバス・マルシュルトカです。(ブレが激しいので写した本人しかわかりません(笑)。)
a0094770_20363956.jpg
道路の方からレチノイ・ヴァクザール駅舎を振り返ったところです。(ブレててよくわかりませんが)

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-31 20:56 | スモレンスク'07-'08冬
アエロフロートのウェブサイトから航空券を買ってみました。
アエロフロートのウェブサイトから航空券を買ってみました。

入力間違いがコワくてかなり慎重に行いましたが、
とりあえず買えたみたいです。

メールが送信されてきて、その中のリンクをクリックすると、
手配内容の閲覧ができます。

座席まで確定しているんですね。
チケットをもらってから、チェックインの時に座席位置発行ではなく、
購入時に決まってしまうなんて、
新幹線指定席特急券のネット購入みたいです。

アエロフロート機内誌日本語版「オーロラ」に、
2008年6月1日よりeチケット全線対応と書いてあったのですが、
この動きはアエロフロートだけでなく、
航空業界全体の動きだったようですね。

航空各社、6月1日からEチケットに全面移行(AFPBBニュース2008/5/30記事)


「6月1日、国際航空運送協会(International Air Transport Association、IATA)に加盟する240の航空会社は紙の航空券発行をやめ、「Eチケット」に全面移行する。予約もインターネットによるオンライン受け付けが主流になる。」(AFPBBニュース2008/5/30記事より引用)

6月1日より国際航空運送協会加盟の
240の航空会社がeチケットに移行するようです。
これにより、かなりの経費節減が見込めるようですね。

「紙の航空券が販売されるのは31日が最後になる。IATAはEチケットへの移行で加盟航空会社の経費を年間30億ドル(約3160億円)削減できると試算、燃料価格の高騰が続く中では大いに必要な節約となる。」(AFPBBニュース2008/5/30記事より引用)

往復の航空チケットは見た感じよけいなページが
束ねられているような感じがしなくもないので、
あれがなくなるとかなり紙代が節約できるみたいですね。

実際にeチケットで搭乗手続きしてみないとわかりませんが、
チェックインのときに発券してもらい搭乗ゲートでカードリーダで
読み取っているバウチャーは残るのでしょうか?

これがないと飛行機に乗って自分の席に行くまでに
シート番号忘れちゃう場合がありますね(笑)。
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-31 20:25 | ロシアなニュース
モスクワ ザマスクヴァレーツカヤ線終点 レチノイ駅
a0094770_12175175.jpg
モスクワの地下鉄ベラルースカヤ駅の地下ホーム内を移動してなんとかザマスクヴァレーツカヤ線ホームへたどりついたぼくは無事にザマスクヴァレーツカヤ線終点のレチノイ・ヴァクザール駅方面の地下鉄に乗ることができました。

上の写真はレチノイ・ヴァクザール駅ホームの駅名プレートです。またまた異なるデザイン。モスクワの地下鉄駅を設計した人(たち)は好きなようにデザインしてよかったようですね。
a0094770_1218248.jpg
地下鉄車両内は、まだ早朝ということもあって乗客が少なく、ドアの上のソニーさんの広告がちょっとめずらしかったので撮ってしまいました。

光量のとぼしい環境でケータイのカメラで撮りましたので、今回も画質がざらついていることをお詫び申し上げます。(しかも上の写真は微妙にブレてます(汗)。)
a0094770_12182458.jpg
無事にレチノイ・ヴァクザール駅ホームに到着。
a0094770_12183482.jpg
シェレメチェヴォ2に向かうバスがある出口はどっちだろうという重大な問題を解決するために、ちょっとアドレナリンが多めに出てるのを感じながらホーム内をリサーチしていましたら、駅員さんみたいなひとがダダッダーと駆けていったりしていました。

ふと、ホームの柱を見ると、手がかりを発見。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-31 12:10 | スモレンスク'07-'08冬
モスクワ ザマスクヴァレーツカヤ線ベラルースカヤ駅
a0094770_2211424.jpg
地下鉄カリツェヴァーヤ線(環状線)ホームの入ってきた方と反対の端のエスカレータをのぼったぼくはそこがベラルースカヤ駅の別の出入口だと知って再びカリツェヴァーヤ線ホームに戻ってきました。

上の写真は無事にめざすところのザマスクヴァレーツカヤ線ベラルースカヤ駅ホームにたどりついてその壁の駅名プレートを撮ったところです。ちなみに下の写真はカリツェヴァーヤ線ホームの壁の駅名プレートです。
a0094770_22203122.jpg
ぜんぜんデザインが違うことがわかります。
この写真はPowerShot640で撮ったので元画像は超巨大なので、駅名プレート部分を大きくしようと思ったのですが、激ブレであることが判明(汗)。ブレが目立たない大きさでかんべんしてください(笑)。
a0094770_2221922.jpg
別の出入り口の改札にいらっしゃったご婦人の駅員さんにカリツェヴァーヤ線ホームの脇の階段をのぼれといわれましたが、よく見るとそう書いてある掲示がぶらさがっていました。
a0094770_22212079.jpg
階段をのぼりまーす。

光量のとぼしい環境でケータイのカメラで撮りましたので、今回も画質がざらついていることをお詫び申し上げます。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-30 22:43 | スモレンスク'07-'08冬
モスクワ カリツェヴァーヤ線ベラルースカヤ駅 1月4日
a0094770_235610.jpg
モスクワのベラルーシ駅に到着したぼくは、そのままスーツケースをひっぱりながら地下鉄ベラルースカヤ駅へ向かいました。
上の写真はベラルースカヤ駅内のカリツェヴァーヤ線(環状線)プラットホームのベラルーシ駅からのエスカレータの反対側の出口です。

光量のとぼしい環境でケータイのカメラで撮りましたので、ちょっと画質がざらついていることをお詫び申し上げます。

a0094770_2351583.jpgベラルースカヤ駅の切符売り場でとりあえず1回券を買いました。


このカードを自動改札のリーダに接触させると残り回数が赤いLEDかなにかで表示されます。


1回券ですと(たしか)0になります。



そして下車して退出するときはノーチェックなので(出口側には日本みたいに乗車券をすいとる自動改札はありません。)、こころない人は自動改札を通り抜けたあと、0回の券をぽい捨てしちゃうようです。

a0094770_2353193.jpg
ベラルーシ駅から降りてきた方の反対側からベラルーシ駅の方を向いて撮ったホームの様子です。

左右の壁の向こうに地下鉄電車が入ってくるホームがあり、待っている人はほとんどそこに立っています。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-29 23:26 | スモレンスク'07-'08冬
エカテリンブルグにロシア・ドイツ・インド・中国・ブラジル外相集結
少し前の報道ですが、ロシアのエカテリンブルグにロシア・ドイツ・インド・中国・ブラジル各国の外相が集結したみたいですね。

露中印が外相会談、世界の一極化に反対の立場を確認(YOMIURI ONLINE2008/5/15記事)


「ロシアと中国、インドの外相が15日、ロシア中部エカテリンブルクで会談し、北朝鮮やイランの核問題の平和的な解決を求めるなど、国際問題で共通の立場を確認した。
また、経済の高成長を続ける3か国は、世界の一極化に反対する立場も確認した。」


この記事からはロシアと中国、インドの外相が会談したとしか報道されていませんが、さらにブラジルも参加していたようです。

ロ・印・中・伯:エカテリンブルグ会談を成功裏に終了。(ノーボスチ・ロシア通信社2008/5/20記事)


「エカテリンブルグでの4ヶ国、- 『明日の世界のリーダー国』、- の外相交流会の総括は、交渉結果から採択された書類からでは評価が難しい。会談は2つあったことを喚起したい。ロシア、インドそして中国のグループの会談と、後に、左記3国とブラジルとの会談の2つだ。」(ノーボスチ・ロシア通信社2008/5/20記事より引用)

ノーボスチ・ロシア通信社の記事はちょっと読解がむずかしかったです。


そして、報道記事では未確認ですが、14日にはドイツの外相もエカテリンブルグでロシア外相と会談しているようですね。ですから、エカテリンブルグにはロシア・ドイツ・インド・中国・ブラジルの5カ国外相が集まっていたことになります。

これはなんかすごいことかもしれません。


フランスのサルコジ大統領は29日からプーチン首相と会談するみたいですし、
日本もロシアに対して独仏のようなスタンスになってくれるとうれしいです。
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-28 22:23 | ロシアなニュース
モスクワ・ベラルーシ駅へ無事到着 1月4日
a0094770_2313466.jpg
列車のバウチャーの手配チガイのおかげでスモレンスク駅でマヤプリのお見送りをもらえたぼくは、午前0時20分くらいの列車で予定より30分ほど遅れという状態で無事モスクワへ向かいました。

上の写真は暗くてなんだかわかりづらいのですが、夜明け前のモスクワ・ベラルーシ駅です。クリスマスツリーのイルミがちょこっと灯っていました。
a0094770_23131972.jpg
ベラルーシ駅についたぼくは、その足でスーツケースをひっぱりながら地下鉄ベラルースカヤ駅へ向かいました。
この写真も真っ暗でよくわかりませんが、たぶんベラルーシ駅のプラットホームです。
a0094770_23133075.jpg
これはプラットホームの「あけましておめでとう」の横断幕。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-26 23:34 | スモレンスク'07-'08冬
スモレンスク駅でマヤプリとお別れ 1月3日深夜4日午前0時過ぎ
a0094770_20101190.jpg
マヤプリの職場からロシアのミニバス・マルシュルトカに乗ってスミルノバ広場のあたりまで戻ってきたぼくは、ホテルに帰っていよいよチェックアウトの準備をしはじめました。

そしてスモレンスク発の夜行列車のバウチャーチケットの所在を確認して、書面をじーっと見ていると、あれっと思うことが。

上の写真はスモレンスク駅の切符売り場のあたりの様子です。
a0094770_20103469.jpg

これはスモレンスク駅の待合室の様子です。最初の切符売り場の写真の左端のあたりで、ぼくはマヤプリが駅に到着するのをいまかいまかと待っていました。
その左端の奥に待合室がありますが、マヤプリがぼくを見つけづらいと思ってそこには座らず、写真の左端あたりで立って待っていました。

さて、夜行列車のバウチャーチケットを見て感じた違和感とは、

今日って1月4日だったっけ?(本記事タイトル参照(笑))
 

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-25 20:56 | スモレンスク'07-'08冬
「狐と狸と大統領―ロシアを見る目」読み終わりました。
「狐と狸と大統領―ロシアを見る目」を読み終わりました。
いつ読み終わったかというと5月の連休にロシアへいくちょっと前なので、
いまから一ヶ月ほど前ですね。

買ったのがその1ヶ月ほど前なので、やはり一ヶ月くらいかけてのろのろ
読んでいたことになります。

日本にいると、ロシアはなんか米英にたてつくよくない国で、その音頭をとっているのが
プーチン(前)政権で、なんか独裁政府っぽくてちょっとコワい
というトーンのニュースが報道されて、そのようなイメージがインストールされている方が
多いのではないかと思います。

狐と狸と大統領―ロシアを見る目
小林 和男 / / 日本放送出版協会
ISBN : 4140812788



「狐と狸と大統領―ロシアを見る目」の著者小林 和男さんは、日本のそのような報道状況に
対して、ほんとにそうなの?と懐疑の目線を提示するところから書き起こします。

そんなわるい国のわるい(前)大統領が、なんでロシア国民の圧倒的な人気と支持を
得ているのか、ロシア人はみんなだまされているのか?そんなもんなのか?
とシンプルなギモンを提示されます。


そして、その本の内容はといいますと、プーチン(前)大統領と直接面談した内容や
ゴルバチョフ元ソ連大統領との面談内容など、たいへん読み応えのあるものでした。
NHKという日本の国営報道機関の報道関係者の方にこのような視点をもたれている方がいらっしゃるのは、たいへん心強いかぎりです。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-25 12:37 | ロシアが描かれている
モスクワのベラルーシ駅の「サブウェイ」でビールとツナラップ
a0094770_1753256.jpg

プーシキンスカヤ広場のあたりからトヴェルスカヤ通りを歩いてベラルーシ駅まで戻ってきたぼくはベラルーシ駅のビル内にある[サブウェイ]のお店で休憩することに。

上の写真はベラルーシ駅ビル通路から見た[サブウェイ]のお店の中の様子です。
こんな風に席が空いているのは、少し時間が遅くなった影響かもしれません。
いつも席が混んでいます。
a0094770_1754617.jpg
ビールとツナラップをたのんでみました。
ほんとはトレーにのせてくれるのですが、テイクアウトと思われてしまったみたいで、トレーくれませんでした(笑)。
a0094770_176051.jpg
お店の女のコがはずしている瞬間のお店のカウンタです。ここに常時ひとりかおふたりの女性がご注文をお待ちしています。
ビールの栓の抜き方わからなくて、女のコにたずねてみたら、指でひねればあくとのことで、ほんとかるくひねるとしゅぽっと開きました。
a0094770_1762043.jpg
[サブウェイ]を出ると外はこんな感じに。ちょと夜っぽくなってきました。
a0094770_1771659.jpg
スモレンスク行きの列車が午後11時54分発の本日最終列車です。そろそろスーツケースを手荷物預かり所から回収しておくことにしました。

全文を表示
[PR]
by prncespycckaya | 2008-05-24 17:41 | スモレンスク'08春